いわゆる「ブラックリスト」とは、民間の信用情報機関が、債務者の返済の遅延、債務整...

債務整理をすると「ブラックリスト」に名前が載るという噂を聞い...

多重債務

よくあるご質問

債務整理をすると「ブラックリスト」に名前が載るという噂を聞いたのですが・・・

いわゆる「ブラックリスト」とは、民間の信用情報機関が、債務者の返済の遅延、債務整理の開始、破産・民事再生の申立などの経済的な信用情報に関する個人情報(事故情報)を収集して作成しているデータベースのことです。したがって、弁護士が介入して債務整理を開始すると、このブラックリストに名前が載ることになります。
  このブラックリストに載ると一般には、ローンやクレジットが組めなくなります。事故情報は5年~7年ほどで抹消されるようですが、その間は、各加盟会社は新たな融資やカードは発行しないことが多いです。
  弁護士に債務整理を依頼する方の中には、新たにローンやクレジットが組めなくなることをおそれて、債務理をしないとおっしゃる方もいます。
  しかし、実際には、支払いが遅れた段階ですでにブラックリストに載っていることが多いようです。また、これからの生活の再建のために(今後、借金等をすることがないように)、債務整理を行うのですから、ブラックリストに載ることを恐れずに、弁護士に依頼して債務の整理をされることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
その他のQ&A