「過払金」とはわかりやすくいえば、貸金業者に対して返しすぎたお金のことです。  ...

最近、「過払金」という言葉をよく聞くのですが、どういうことで...

多重債務

よくあるご質問

最近、「過払金」という言葉をよく聞くのですが、どういうことでしょうか?私にも戻ってくるのでしょうか?

「過払金」とはわかりやすくいえば、貸金業者に対して返しすぎたお金のことです。
  消費者金融の会社やクレジット会社のキャッシングの多くは、利息制限法で決められた利息を超えた高金利の利息がついています。しかし、利息制限法による制限を超えた利息(超過利息)の支払いは「無効」とされています。したがって、超過利息を支払った場合には、その超過した金額を順次元本に充当させて、残っている元本債権をそれだけ減らすことができます。その結果、長い期間、借入をしているような方の場合には、元本が完済された後もさらに金銭を支払っていることがあり、こうした金銭(過払金)について返還の請求をすることができるようになるのです。あなたのケースに関して過払金が発生しているかどうかについては、最終的には債権を調査しなければ分かりませんが、一般的には長い期間(10年以上)、借り入れをしている方に関しては過払い金が発生している可能性が高いといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
その他のQ&A