【当事務所の取り組み】テレワーク・時差通勤の導入について

【当事務所の取り組み】テレワーク・時差通勤の導入について

長谷山尚城コラム

【当事務所の取り組み】テレワーク・時差通勤の導入について

長谷山尚城
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

長谷山です。

先日5月4日に,政府の緊急事態宣言が延長されました。

このコロナ問題,まだまだ時間がかかると思います。

政府からは,なるべく人との接触を減らすようにと言われておりますが,

当事務所も,多くの事件を受けておりますので,完全に休業するということはできません。

そこで,少しでも接触を減らすべく,

対策として,①テレワーク,②時差通勤 という2つの方法をとっております。

まず,①テレワークですが,MicrosoftのTeams というソフトを利用して,

WEB会議ができるようにし,また,各弁護士が自宅からの作業ができるようにしております。

私は,機械類はあまり詳しくはないのですが,その辺に詳しい事務職員に聞きながらなんとかやっております。

(初回相談は,面談をするのが当然と思っておりましたが,思い切って,ウェブ会議での初回相談も行いようにしました。

この辺,従来の感覚を変更する必要があります)

次に,②時差通勤ですが,事務所に来る場合でも,時差通勤を導入しております。

そのため,電話のつながる時間を平日,午前10時~午後4時とさせて頂いております。

慣れないテレワークや,時差通勤で,

利用者の方にもご迷惑をおかけすることも多いかと思いますが,

このコロナ問題収束に向けて,当事務所もできる範囲でやっておりますので,

なにとぞ,ご承知おき下さい。