ロンドンオリンピック!!

ロンドンオリンピック!!

長谷山尚城コラム

ロンドンオリンピック!!

長谷山尚城
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ご無沙汰しております。
長谷山です。

ロンドンオリンピックも真っ盛りですね。

日本柔道の不振は非常に残念ですが、
男女のサッカーの快進撃などうれしいニュースも多数あります。

スポーツ好きの私は、
以前は、オリンピックの際には、必ずテレビの前にかじりついていたのですが、
今年は、時差の関係から、深夜に放送があることも多く、
残念ながら深夜に中継のあるサッカーとかは生でほとんど見られていません。
(早起きを実践している私としては、深夜起きていると翌日に響くんですよね・・・)

毎朝、早起きして、深夜に行われたオリンピックの結果をテレビで見るのが日課です。
 

さて、オリンピックというと、つい「メダル」に期待してしまい、
メダルがとれないと「な~んだ」とかテレビの前で言ってしまいがちですが、
当然のことながら、選手の皆さんは、日本代表としてオリンピックに出るまでの間、
これまで様々な努力をし、挫折などを味わってきているんですよね。

我々が感動するのは、そういう人間ドラマが随所に垣間見られるからだと思います。


そういう人ならではのコメントで「いいな」と思ったものがこれです。

「天才少女?天才って便利な言葉だよね。
だって、天才っていったら、努力もしないで
持って生まれたものだけでやってきたように
思われるんじゃないかなぁ。
私、誰よりも練習してるよ。
他の子がみんな帰っても、ひとりで練習してるよ。」

卓球の愛ちゃんこと、福原愛選手が以前に言っていた言葉です。

その福原愛選手が、団体の準決勝(シンガポール戦)で勝利し、
メダルを確定させたときの涙を見たときに、このセリフを思い出しました。

誰よりも努力してきた福原選手、
これまでの20年間の集大成です。
悔いの残らぬよう決勝戦も頑張れ、愛ちゃん。
頑張れ、日本!

 

今回は事務所のブログというより、
単なる個人的な応援記事になってしまいましたが、ご容赦ください。

私も、日々の仕事や趣味の弁護士野球を頑張ろうと、
改めて、決意したところです。