第3回事務所旅行を終えて

第3回事務所旅行を終えて

長谷山尚城コラム

第3回事務所旅行を終えて

長谷山尚城
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 2月のはじめ、箱根へ1泊2日の事務所旅行に行ってきました。

昨年末に新人弁護士2名と私(新人事務員)が加わり、7人体制になってから初めての旅行でした。

 

 1日目はお昼に小田原に集合し、駅から徒歩5分ほどの場所にある「相住食堂」という鰻のお店に行きました。

2階の畳の席に案内されたのですが、田舎のおばあちゃんの家のような温かい雰囲気のお部屋でした。

7人全員が鰻重を選び、とてもおいしくいただきました。

私たちは事前に鰻重を予約して行き、待たずにすぐ食べることができたので、行かれる方は予約して行かれることをおすすめします。

 

 その後は箱根登山鉄道で小田原→箱根湯本→強羅と移動し、最初の目的地である大涌谷へ。

強羅からケーブルカーに乗り換えたのですが、観光客でいっぱいでした。

ケーブルの終点・早雲台から大涌谷へ向かうロープウェイからは富士山がきれいに見え、絶景を堪能することができました。

大涌谷散策コースを息を切らして登り、運動不足を痛感しつつ、噴煙が立ち上る閻魔台に辿り着きました。

ここには1個食べると7年寿命が延びると有名な「黒たまご」が売られている玉子茶屋があるのですが、大人気で一時的に品切れ状態になっていたので、閻魔台を下ったふもとにある売店で黒たまごを購入しました。おいしく食べて健康になれた気がします。

 ちなみに、いつも会えるのかは分かりませんが、閻魔台 にはかわいい猫が2匹仲良く昼寝をしており、見ていて非常に癒されました。大涌谷を訪れる際は是非さがしてみて下さい。

 

 その後は宮ノ下に向かい、宿泊先である富士屋ホテルへ。

夕食まで時間があったので、鯉がいる池のある立派な庭園を散策したり、ホテル内のカフェで買ったケーキを部屋で食べたり、温泉に入ったりとのんびり過ごしました。

 夕食はフレンチのコース料理をワインとともにいただきました。

小田原でとれた平目やみかんなども盛り込まれていて、富士屋ホテルならではのフレンチが楽しめたように思います。

 

 2日目は、午前9時にはホテルをチェックアウトし、陶芸を体験するべく強羅公園内にあるクラフトハウスへ向かいました。

早起きしたかいがあり、混み出す前にとりかかることができました。

電動ろくろコースと手びねりコースに分かれ、お茶碗、鉢、ビアタンブラーなど思い思いの作品をつくりました。

インストラクターの方が丁寧に指導して下さったのでなかなかいい出来に仕上がったと思います。

焼き上がって手元に届くのが楽しみです。

クラフトハウスでは陶芸のほかに吹きガラスなども体験できるようなので、また是非行ってみたいと思います。

 

 陶芸体験の後は強羅公園内にある熱帯植物園を散策しました。

私たちが行ったときは準備中でしたが、年に何度か催事も行われているようなので、開催中は熱帯植物のほかに季節の植物も楽しめそうです。

 

 強羅公園をあとにし、昼食をとるべく箱根湯本へ移動。

「はつ花」という自然薯そばで有名なお店に行きました(この日も大盛況でした)。

「山かけそば」は、細めの麺と自然薯の山かけとの相性が抜群で、もう一杯いけそうなくらい美味でした。

 

 冷えた体をおいしいそばで温め、大満足の後は、箱根湯本駅周辺へ移動。

できたての温泉まんじゅうを頬ばりながらお土産を購入し、箱根湯本駅で解散しそれぞれ帰路につきました。

 

 天気にも恵まれ、親睦も深められて充実した2日間を過ごすことができました。

これを活力に今後も7人で頑張っていきたいと思います。