再生計画案に住宅資金特別条項を定めることにより、住宅ローンの支払いを継続して、自...

個人再生の手続きをした場合に、自宅を残すことができますか?

多重債務

よくあるご質問

個人再生の手続きをした場合に、自宅を残すことができますか?

再生計画案に住宅資金特別条項を定めることにより、住宅ローンの支払いを継続して、自宅を残せる場合があります(このように住宅を残したまま借金の整理ができることが、個人再生手続の最大のメリットと言われています)。
  ただし、この特別条項を定めるには、様々な要件を満たすことが必要ですので、自宅を残したいと思っているような場合には、一度、弁護士にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
その他のQ&A