離婚問題

現在妻との離婚を考えていますが、子どものことが心配です。父親である私が子どもの親権を持つということはできるのでしょうか。

弁護士からの回答

たしかに母親が親権を持つ場合が多いですが、そうと決まっているわけではありません。「子の利益」を検討して決定されます。具体的には、監護体制の優劣(経済状態、居住環境、家庭環境、教育環境)、子に対する愛情、監護意思、心身の健全性、子の年齢、心身の状況、環境の継続性、子の意思を考慮します。

カテゴリ一覧

離婚問題のQ&A

現在妻との離婚を考えていますが、子どものことが心配です。父親... | よくあるご質問 | 武蔵小杉あおば法律事務所

たしかに母親が親権を持つ場合が多いですが、そうと決まっているわけではありません。...

現在妻との離婚を考えていますが、子どものことが心配です。父親...

離婚問題

よくあるご質問

現在妻との離婚を考えていますが、子どものことが心配です。父親である私が子どもの親権を持つということはできるのでしょうか。

たしかに母親が親権を持つ場合が多いですが、そうと決まっているわけではありません。「子の利益」を検討して決定されます。具体的には、監護体制の優劣(経済状態、居住環境、家庭環境、教育環境)、子に対する愛情、監護意思、心身の健全性、子の年齢、心身の状況、環境の継続性、子の意思を考慮します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
その他のQ&A