性格の不一致や価値観の相違といった夫婦間の問題と、不貞行為や暴力といった問題とで...

結婚して10年になりますが、結婚当初から夫婦の間で価値観や性...

離婚問題

よくあるご質問

結婚して10年になりますが、結婚当初から夫婦の間で価値観や性格が一致せず、愛情も冷えきり、いわゆる家庭内別居、仮面夫婦という状態になってしまいました。私は別れたいと何度も言いましたが、子供のためだと言われて離婚できずにいます。調停や訴訟まで争って、離婚することができるでしょうか。

性格の不一致や価値観の相違といった夫婦間の問題と、不貞行為や暴力といった問題とでは、その性質が異なるとされています。夫婦間の愛情や内面関係の問題は、夫婦間において話し合って乗り越えていける類のものもあるからです。一般的には、性格の不一致や愛情の喪失が原因となって、どんなに努力しても夫婦関係が修復不可能な段階まで破綻して初めて、「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)として離婚原因になると説明されています。なお、お子さんの年齢や養育状況等の事情もこの判断に影響することがあり得ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
その他のQ&A