刑事事件

私の夫が逮捕されてしまいました。まだ正式裁判にはなっていません(起訴はされていません)。弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

弁護士からの回答

 この場合,弁護士は,ご主人の不起訴や身柄の解放に向けた活動をすることになります。
 例えば,示談交渉です。そもそも被害者の連絡先が分からないとか,連絡はとれるが示談に応じてもらえないといった場合であっても,弁護士であれば,通常連絡先を知ることができますし,一般的には示談が成立しやすくなるといえます。
 また,ご家族(この場合、「被疑者」と言います)の身柄が拘束されており,被疑者の家族が被疑者に面会したり手紙を渡したりすることが禁じられている場合でも(接見禁止処分と言います。),弁護士であれば,被疑者に面会して話を聞いたり,被疑者の様子や伝言を家族に伝えたり,逆に家族からの激励や伝言を被疑者に伝えたりすることができます。
 他にも,弁護士は,証拠の収集,身柄拘束を阻止するための交渉,身柄拘束に対する不服申立て等の活動を行います。
 以上のことは,被疑者が自白している等により,起訴すれば有罪となることが明らかな場合であっても当てはまります。そのような場合であっても,検察官が起訴しないという判断をすることは少なくないからです。
 弁護士がこのような活動をすることによって不起訴になったり、身柄が早期に解放されることがあります。

カテゴリ一覧

刑事事件のQ&A

私の夫が逮捕されてしまいました。まだ正式裁判にはなっていませ... | よくあるご質問 | 武蔵小杉あおば法律事務所

この場合,弁護士は,ご主人の不起訴や身柄の解放に向けた活動をすることになります...

私の夫が逮捕されてしまいました。まだ正式裁判にはなっていませ...

刑事事件

よくあるご質問

私の夫が逮捕されてしまいました。まだ正式裁判にはなっていません(起訴はされていません)。弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

 この場合,弁護士は,ご主人の不起訴や身柄の解放に向けた活動をすることになります。
 例えば,示談交渉です。そもそも被害者の連絡先が分からないとか,連絡はとれるが示談に応じてもらえないといった場合であっても,弁護士であれば,通常連絡先を知ることができますし,一般的には示談が成立しやすくなるといえます。
 また,ご家族(この場合、「被疑者」と言います)の身柄が拘束されており,被疑者の家族が被疑者に面会したり手紙を渡したりすることが禁じられている場合でも(接見禁止処分と言います。),弁護士であれば,被疑者に面会して話を聞いたり,被疑者の様子や伝言を家族に伝えたり,逆に家族からの激励や伝言を被疑者に伝えたりすることができます。
 他にも,弁護士は,証拠の収集,身柄拘束を阻止するための交渉,身柄拘束に対する不服申立て等の活動を行います。
 以上のことは,被疑者が自白している等により,起訴すれば有罪となることが明らかな場合であっても当てはまります。そのような場合であっても,検察官が起訴しないという判断をすることは少なくないからです。
 弁護士がこのような活動をすることによって不起訴になったり、身柄が早期に解放されることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
その他のQ&A