2018年・野球部での一年間を振りかえって・・・

2018年・野球部での一年間を振りかえって・・・

長谷山尚城コラム

2018年・野球部での一年間を振りかえって・・・

長谷山尚城
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日12月1日(土)に納会があり,

私が監督をつとめる神奈川県弁護士会野球部「横浜マリナーズ」の一年間が終了しました。

最大の目標としていた日弁連野球・全国大会ではベスト4敗退

全国大会は,一回戦の大分には13-0で大勝したものの準決勝で京都に4-1で敗戦。

少し残念な結果に終わりました。

ちなみに,横浜に勝った京都は,そのまま決勝でも,名古屋相手にサヨナラ勝ちで優勝。

今年の全国大会では,京都が初優勝という結果となりました。

(同期の小嶋くん,改めて,おめでとう!)

この全国大会は,監督として,色々と学ぶべきことの多いところでした。

全国大会当日のみならず,それまでのチームマネージメント含めて,未熟さを痛感した一年でした。

もっとも,日弁連野球は,本気で試合はしていますが,あくまでも懇親のための草野球であることに変わりありません。

その意味では,今年も他会の多くの弁護士と試合ができ交流を深められたこと,

チームとしても納会に多数の方々が集まってくれて,楽しく紅白戦ができたこと,などは,

とても良かったと自負しております。

来年も,監督をさせて頂くことになりました。

今年良かった面を継続し,できなかった点を反省し,監督1年目で学んだことを,来年も生かしたいと思います。

来年は,監督として最後の一年だと考えていますので,

開き直って,いい意味で我が儘にやっていきたい,と考えております。

選手の皆さま,関係者の皆さま,

引き続き,ご迷惑をおかけしますが,よろしくお願いします。